高血圧の治療とは何をすれば良いのか!

サイトマップ

高血圧を下げる食事法.netでは、本当に正しい高血圧を下げる食事法を解説しています。

高血圧の治療とはどういうこと?

高血圧の治療とは何をすれば良いのでしょうか・・大きくは二つに分かれます。薬による治療と、薬を使わない「非薬物治療法」です。

基本は、薬を使わない非薬物治療法にしなければいけません。「今は何も症状がないし、ひどくなったら薬を使って治せばいいんでしょ・・」という安易な考え方で高血圧を放置する人がいますが、これは最も危険なことです。

症状が出るということは、もう手遅れに近いわけです。動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中、そういう状況の体はすでに薬では治りにくいのと、危険なリスクをともなうのです。そして実は薬では高血圧の原因そのものは治っていません

例えば、血管を拡張させるカルシウム拮抗薬などがありますが、血管がもろくなっていたり動脈瘤(血管の局部的な膨らみ)ができてしまっている末期状態なので、治療するはずの薬の作用によって血管が破裂してしまう・・などの恐ろしい副作用が起こるのです。

他には、水分を体外に出すための利尿薬を使う場合もあります。しかしこれも、体が水分をため込み血液に吸収する体質になっているのならば、その体質を変えないと意味がないのです。

いわゆる降圧薬というのは、一時的な血圧のコントロールは出来ても、高血圧治療としての根本解決にはなっていないのです。

では高血圧治療の根本解決とは何でしょうか・・それは、私たちの体を作り上げている食物です。しかも食材だけでなく、食べ方・飲み方・食べ合わせなど、複雑なルールに沿って飲食するから効果があるのです。

一般に言われている「水をたくさん飲み・塩分をひかえて・カロリーを抑える」、これだけでは不十分であり、実は体質によっては間違っているのです・・

>> もっと詳しく高血圧解消法を知りたい方はこちら!