高血圧の本当の原因とは!

サイトマップ

高血圧を下げる食事法.netでは、本当に正しい高血圧を下げる食事法を解説しています。

高血圧の原因はたくさんありますが・・

高血圧の本当の原因とは何でしょうか・・まず大きく二つに分けられます。一つは血液を送る側の問題です。心拍数が多すぎれば送る圧力は高まります。そして、心拍数が同じでも血液量が多ければそれだけ圧力も高まります。

心拍数が増える原因ですが、心拍数は交感神経・副交感神経で制御されますが、運動不足・不規則な生活習慣やストレス・暴飲暴食などで制御が乱されてしまいます。

そして「血液量が増える」原因ですが、塩分(ナトリウム)の摂り過ぎになると、それを中和しようとする働きによって、血液中に水分をドンドン取り込もうと作用します。それによって血液量が増えて高血圧になります。

以上はまず送る側の問題ですが、次は受ける側つまり血管側の問題です。これはよく言われる動脈硬化が原因の一つです。血管に柔軟性がちゃんとあれば、膨張して圧力を逃がすことができますよね。一方血管が固くなってそれができなければ、当然高血圧になります。

原因としては、これも先ほどのようにストレス・不規則な生活習慣・運動不足もありますが、食べ物の栄養バランス・食べ方が悪い事が最大の原因になります。

そしてもう一つは、血管が詰まっている・・ということです。血液の流れが途中で詰まるのですから、当然その手前の圧力が上がることになります。

その詰まっている物は何かといえば、コレステロールのような堆積物です。カロリーや脂質の高い食べ物ばかり食べて、食物繊維や浄化力のある食べ物を取らないとそのようになります。血液がドロドロの状態と言っていいでしょう。

こう考えていくと、高血圧の原因はたくさんあるわけですが、全てに共通するものはやっぱり食事なんですね。水分も塩分もカロリーも脂質も糖質も食物繊維も全て食事です。

ですが、上記だけを気にしても実はあまり意味がないのです。他にも高血圧や糖尿病を改善する栄養素や食べ方は、一般的に知られていないものがたくさんあります。例えば、お茶やコーヒーに含まれる成分が、血管内壁をキレイにし柔軟性を高める・・などなど、食事の要素やルールは奥が深いのです。

それら、高血圧の原因を改善する食事法を学ぶことが大切なのです・・

>> もっと詳しく高血圧解消法を知りたい方はこちら!