高血圧の怖さ 高血圧の怖さ
  • 高血圧の定義と計り方の基準なども知っておくことは大事

    高血圧の定義と計り方の基準なども知っておくことは大事でしょうね。

    普通は病院の外来血圧の診断基準では、140/90mmhg以上の場合を高血圧と定義されているようですね。

    たとえば、家庭で血圧測定しつづけたデータがあれば、診察の外来時に持って行ったほうが良いようです。病院での診察にとても役立つことでしょう。

    時間血圧測定というものがありますが、現在、携帯型の血圧計(自由行動下血圧測定装置)により、高血圧患者さんの一日の血圧変動を、15~60分おきに記録できるよう便利になっていますね。

    白衣を見て血圧があがってしまう高血圧や、薬の効きぐあい、どんなときに上がったり下がったりするのかなどを、ていねいにチェックすることができるメリットがあります。

    それらの値の変化から、合併症の起こりやすさなども推測できるということです。

    >> もっと詳しく高血圧解消法を知りたい方はこちら!