高血圧の怖さ 高血圧の怖さ
  • 高血圧の合併症による動脈硬化で脳への影響

    高血圧の合併症による動脈硬化が、脳や心臓で起こると命とりになります。

    高血圧と動脈硬化はお互いに増長し合い、色々な合併症を引き起こしてしまいます。その中でも、もっとも恐ろしい合併症はは、脳や心臓、腎臓や腎臓に影響する障害になります。

    動脈硬化による脳出血であふれた血液は、凝固して血腫をつくるわけですが、それが脳細胞を圧迫することになるため、その場所によって片側の手足が麻痺したり、顔に麻痺が出たり、しゃべりにくくなるといった運動機能障害や意識障害、言語障害などの神経症状が起こります。これは恐ろしい高血圧の合併症になります。

    もう一方、脳梗塞というは、脳に酸素や栄養を送り込んでいる動脈が、血栓や動脈硬化により詰まってしまい、必要な部分に血液が行き届かず、そこの脳細胞が死んでしまう状態です。

    その要因により、「脳血栓症」と「脳塞栓症」に分けることもあります。

    ある日、突然激しい頭痛や吐き気が起こり、嘔吐を伴うのが「くも膜下出血」になります。重症の場合は、そのまま昏睡状態から死亡に至ります。これも恐ろしい高血圧の合併症になります。

    >> もっと詳しく高血圧解消法を知りたい方はこちら!