高血圧の怖さ 高血圧の怖さ
  • 高血圧と動脈硬化は悪循環で致命傷になる

    高血圧と動脈硬化は、悪循環で致命傷になるということを、絶対に甘く見てはいけません。

    高血圧によって動脈硬化が進行するとと、血管の壁が厚く、固く変化してしまいます。当然、血液の通り道である内腔は狭くなってしまうわけですね。

    かつては、このような血管の変化というのは、年齢の進行に伴って自然に進むものだと考えられてきました。ですが、近年の研究から分かったことですが、「血管に傷が付く→炎症を起こし腫れる→さらに厚く固くなる」、といったように、多くの炎症性疾患と同じ経過をたどって進むものだということが判明したのです。

    結局は、血流が悪くなるので心臓はさらに高い圧力をかけて血液を送り出さなければいけなくなり、心臓の負担は当然増します。

    そして、固く狭くなった血管に無理に血液を流すため、さらに動脈硬化が進行するという悪循環に陥ってしまうのです。これが高血圧の恐ろしい合併症です。

    固くなった血管は破裂したり、部分的にはがれて詰まります。それが心筋梗塞だったり、くも膜下出血・脳梗塞などになります。

    >> もっと詳しく高血圧解消法を知りたい方はこちら!