高血圧を下げる薬は危険!

サイトマップ

高血圧を下げる食事法.netでは、本当に正しい高血圧を下げる食事法を解説しています。

高血圧を下げる薬はリスクがあります

血圧が高いなら薬で治してしまえば良い・・という単純な考えをあなたが持っているのならば、それは大変危険なことです。非常にリスクが高く、高血圧を下げる薬は危険をともないます。

降圧薬は血圧をコントロールするだけです。下げるのは良いんですが、血流も少なくなるので、もともと動脈硬化で流れが悪かった血流がさらに弱くなり、脳梗塞などを引き起こしやすくなってしまいます。

それと、血管を柔らかくしたりサラサラにする薬もありますが、今度は動脈瘤が破裂する危険性が高まります。動脈瘤というのは血管の弱い部分に、高血圧が加わってその部分が風船のように膨らんでしまう現象です。それが破裂するリスクが高まるのです。

病院でも薬の投与は非常に慎重で、基本は生活習慣の改善を中心に治療プログラムが組まれます。

だったら、高い薬代・診察代・治療費の病院になど行かず、自分で整えていくべきなのです。そしてそれは自分で十分できることなのです。

ただし、一般的に言われているように、単純に水をたくさん飲み塩分を少なめ、カロリーを抑えた食事・・というだけではいけないのです。むしろ間違っているのです。

高血圧・さらには糖尿病にも共通することですが、特別な食材・・そして特別な食べ方が実はあるのです。一般的な食事療法とは少し違いますので、一度目を通しておくと良いでしょう・・

>> もっと詳しく高血圧解消法を知りたい方はこちら!